幣掛り
             幣掛り
獅子舞の伝承

 獅子舞は、「ささら」と呼ばれ、越後の国・魚沼郡妻有十日町来迎寺の生阿是心比丘(しょうあぜしんびく)という僧侶が、 宝暦2年(1752)龍源寺に住職として移り住んだおり、村越五左衛門の協力によって村の若者に伝えたといわれる。
 獅子頭は当初、五左右衛門が江戸から買い求めたものを十数年使用していたが、小形のため村の彫刻師(国神出身) 浅見善治郎(彫善)が製作したものを現在まで使用している。小さい獅子頭は現在、祭礼日に社殿に安置している。
 もともと諏訪神社に奉納されていたが、大正14年(1925)以後、村社となった白鬚(しらひげ)神社に移されて、今日に至っている。
 埼玉県指定有形文化財の「忍藩秩父領割役御公用日記」によれば、享保2年(1717)6月15日の項に「雨乞ささらあしがくぼより呼申候」とみえ、 伝承による開始期より35年以上遡って行われていたことが知られる。
 また、飯能市吾野の北川と南川に伝わる獅子舞は、芦ヶ久保が伝授したと伝えられている。
 

蛇掛り
             蛇掛り
舞の演目とその特徴

 この獅子舞は、全体を通して、大雄と雄獅子が一匹の女獅子を奪い合う様を演じる物語風の筋書となっており、 時には互いに戯れ合い、対決の場面あり、舞いは変化に富んで楽しませてくれる。
 中でも諏訪大神の神使にちなんでか「蛇掛り」の舞いが特徴とされ、他に余り例のない種目である。一方、 秩父地方では数少ない『里ササラ』としても特異の存在である。

しきたりをいまに

ブッツォロイと竜源寺

    
 後継者育成を行いながら、練習に練習を重ね当日を迎える。

行列  祭りの前日、「ブッツォロイ」と称して今まで練習してきた曲目を 一通り演じ、総仕上げをして本番を待つ。 幣掛り・竜源寺にて
 祭り当日、獅子舞発祥の寺、竜源寺に勢揃いして「幣掛り」をひと庭奉納した後、万灯を 先頭に行列を作り、道中笛を合図に白鬚(しらひげ)神社に向かい、控え所で出番を待つ。

曲目八庭


〔この獅子舞では演ずる曲目を「庭」と称している〕

幣掛り     舞いのはじまりを告げる。女獅子は四方固めの舞、大雄は幣を喰え、
         雄獅子は四方固めの弓引きの舞を舞う。

眼忍び     大雄と雄獅子は互いに競い合って女獅子争いの様を舞う。

蛇掛り     三頭の獅子が中央に置かれた蛇の回りを戯れ遊びながら舞う。
         三頭の獅子が見つけた蛇をもて遊ぶ様が舞楽の「還城楽」に
         似ているところから優雅な舞いとして知られこの獅子舞の主曲目である。
          蛇掛り
十文字     三頭の獅子がV字に立てられた竹を飛び越えたりしながら楽しそうに舞う。

花掛り     三頭の獅子が一列に並んだ花笠(花園)の回りを舞う。
   
女獅子隠し  大雄・雄獅子が女獅子の奪い合いの末、雄獅子が勝ち、大雄はつれなく
         それを見届ける。

竿掛り    三頭の獅子が紅白の竿に戯れ遊ぶ舞。

白刃     舞を締めくくる場面で、大雄と雄獅子が互いに真剣を口に喰えて荒々しく舞う
        勇壮は場面で、一連の舞を納める。
          白刃

舞の唄

それぞれの「曲目」に歌が二曲ずつあり、師匠が庭ごとに独特の節で唄う。

幣掛り
お寺様(神社様)今を盛りと打ち見れば、
               金の扉にさざん輝く
御家様むねは八ッむねひはだぶき、
           たれきじりには黄金はるなり

十七が今年はじめてささらする、
           良くも悪しくもほめて賜れ

眠忍び 物造り升を七桁持ちつれて、
            裏へ廻れば福の神かな

十七の胸に下がりし二ツ物、
            一ツおくりやれ恋の薬りに




蛇掛り お諏訪さま村のりょがんでささらする、
             はやる世波をよけてたまわれ

この宮は飛騨の匠の建てた宮、
              くさび一ツで四方かたまる




十文字 武蔵野に月の入るべき山も無し、
            小花がくれにふける横雲

新くわを千くそろえて種まけば、
            今年たわらのかぞが知れない




花掛り この村に花のあそびがござるげな、
             黄金まじりのしでがこぼれる

十七が今年はじめて国めぐり、
             関がつもりておやげないもの
               



女獅子隠し 天竺の権田河原の川上で、
            雌獅子雄獅子で結び合わせる

川こえて小坂登りて来てみれば、
            さてもみごとなお庭なるもの
               




竿掛り この宿はたつが十五里横七里、
           入波よく見ろ出波にまような

荒川の関の麓のかさね波、
           これを見まねに急げ小ざさら
               



白刃 お殿様召した袴は七折り目、
         折り目折り目に少女重なる

何時までもあそびたけれど日もまわる、
            いとまもろうてかえる小ざさら
               

舞の構成と役割

師 匠(歌方)  2名 全般の掌握と唄を挿入
猿田彦(道化)  1名 滑稽な仕種で先導する
獅子方(舞手)  3名 大雄・雄獅子・女獅子
笛 方    5〜6名 笛の曲で舞を誘導する
花 笠      4名 四隅に立ち花園を表現
世話人      数名 全般の世話をする
獅子の見分けと衣装
                                                                                  
水 引
シデ(きりさげ)
大雄
前向
黄青白
雄獅子
後向
青赤白
女獅子
宝珠
宝珠
黄赤白

  肌着    襦袢(水引のした)
  手首    手甲
  足袋    黒(男もの)
  履物    草履(鼻緒黒)
  腰鼓    唐草の布で胴を巻く
獅子の支度




●公演の日  白鬚(しらひげ)神社祭礼  8月16日
●公演会場  白鬚(しらひげ)神社境内


●会場への案内
  西武鉄道芦ヶ久保駅下車 徒歩5分
  国道299号飯能より40分くらい
●お問い合わせ先 横瀬町教育委員会      0494-25-0118
             横瀬町歴史民俗資料館  0494-24-9650

2004.8.29 更新

埼玉県指定 無形民俗文化財