コンテンツ本文へスキップ
プリローダーイメージ
スマートフォンサイトはこちら

地域包括ケア研究発表会

コンテンツタイトル下地

地域包括ケア研究発表会

平成13年以降、知識等の情報を共有化することで、全体的な資質向上を図りたいと考え、法人内研究発表会(年1回)を開催してきました。

「地域包括ケアシステムの構築」の観点から、平成27年の第15回より『地域包括ケア研究発表会』と改称し、法人内外の共同で開催しています。

地域包括ケア研究発表会

地域包括ケア研究発表会

地域包括ケア研究発表会

地域包括ケア研究発表会

第5回地域包括ケア研究発表会 開催のお知らせ

2019年10月27日(日)10時~16時寄居町中央公民館にて第5回地域包括ケア研究発表会を開催します。下記プログラム内容で開催します。ぜひ足をお運びください。
口述発表(発表演題及び施設名)

1PNSを導入して-スタッフの心理的変化-埼玉よりい病院
2最後までその人らしく生きることを支える
-特養での看とりケアにおける多職種連携とパーソンセンタードケアの実践
特別養護老人ホーム フラワーヴィラ
3当施設における褥瘡予防の取り組み介護老人保健施設 やまざくら
4不潔行為を繰り返す患者(手作りロンハースを作成し退院に向ける)つなぎ服の解除に向けた取り組み秩父第一病院
5特養「永田屋」看取りケアへの取組み社会福祉法人 秩父福祉会
6当院回復期リハビリテーション病棟における食事摂取量の実態調査報告埼玉よりい病院
   
1埼玉よりい病院での訪問リハビリの活動報告埼玉よりい病院
2利用者家族に対する意思決定支援~状態に合わせた看取りへの準備~あねとす訪問看護ステーション
3主介護者である配偶者に癌が見つかり、在宅で看取った高齢者世帯の1事例
~訪問看護活動から地域包括ケアを考える~
グループホーム
あかつき訪問看護ステーション
4訪問看護ステーションかけはしにおける平成30年度訪問リハビリテーション活動報告介護老人保健施設 やまざくら
   
1在宅復帰、在宅療養支援機能の強化に向けて介護老人保健施設 うらら
2重症児の在宅支援について埼玉医科大学短期大学
3地域包括ケア時代の任意後見制度活用事例一般社団法人 後見けやき
4暮らしを支援すること(仮)特別養護老人ホーム 偕楽苑
5SHD(Social Determinants of Health)カンファから見えてきた、若年患者の社会参加への課題(仮)秩父生協病院
6安心ネットワークづくり 取り組み経過について医療生協さいたま熊谷生協病院
   
1チェックイン制度を試みる 施設事務員発人事評価制度(仮)介護老人保健施設 やまざくら
2介護療養型老人保健施設について介護療養型老人保健施設 アルメリア
3職員のストレス調査を実施して(仮)介護老人保健施設 やまざくら
4顔認証システムを導入して秩父第一病院
5職場活性化への取組み-SNSによる情報共有-特別養護老人ホーム 悠う湯ホーム
   
1夫婦の願いが叶うまで~法人内連携の活用~介護老人保健施設 あねとす
2社会復帰に向けて取り組み介護老人保健施設 うらら
3他職種・家族と連携し訪問リハビリを卒業した症例介護老人保健施設 縄文の里長瀞倶楽部
4「よし入ろう!」その一言で
~痛みと骨折のリスクが高い利用者の入浴サービスを通して~
あねとす訪問入浴
5ヘルパーの介入を拒否する1人暮らしの利用者への支援介護老人保健施設 うらら
6当院における訪問リハビリテーションの現状と課題熊谷総合病院
   
1当院における嚥下内視鏡検査導入の試み埼玉よりい病院
2作業を通し意志の変化が見られた症例
-よりよい作業体験の提供-
秩父第一病院
3利用者から教わるうどん作り介護老人保健施設 逍遥の郷
4入院前訪問指導による在院日数等の変化について埼玉よりい病院
5外来患者における就業(起業・復職)したケース医療法人 慶宏会 南須原医院

ポスター発表及び誌上発表

1ご利用者様とのふれあいを通じてお互いの変化をまとめる(未)介護老人保健施設 うらら
2チャオの会~活動報告~(有)秩父薬剤師会調剤センター
3当院における転倒転落の傾向について秩父市立病院
4秩父圏域の地域リハビリテーションの取組み医療法人 彩清会 清水病院
5介護チームの一員としての訪問医療マッサージ・鍼灸㈲升屋栄貫堂
6今後の高齢化社会を支えていくサービスとはエモーショナルユニット
   
1成年後見人(高齢の方)について一般社団法人 後見けやき
2当院一般病棟の地域包括ケア病棟移行に伴うリハビリテーション対象患者推移と今後について特定医療法人 好文会 あねとす病院



平成30年10月13日(土) 秩父宮記念市民会館において

『第4回地域包括ケア研究発表会』が行われました。

テーマを「理解から始まる地域包括ケア ~人が人をつなぐ~」と定め、様々な社会資源をよく理解し、人と人とのつながりを(意図的に)人がつなぎ、ネットワーク化していく。それが地域のセーフティーネットになる。そのことをコンセプトに、354人の方達の参加を得て実施することができました。 

  <第一部> 午前中は、大ホール フォレスタにて

       *基調講演(秩父郡市歯科医師会長 吉田久氏)

       *シンポジウム

                          (『食べる喜びと口腔ケア ~みんなで延ばそう「健康寿命」~』)

        <第二部> 午後は、けやきフォーラム・会議室・エントランスにて

      *研究発表会(口述発表:34題 誌上発表:1題)

      *パネル発表(2題) 

        <昼休み> は、けやきフォーラム・会議室・エントランスにて

      *ランチョンセミナー(埼玉よりい病院 木村医師)

      *劇団いきあい DVD 上映(3会場)

      *口腔ケア関係商品・栄養食品 など紹介

      *各種社会資源 など紹介

          など等が、盛りだくさんに行われました。 

なお、皆様からお協力いただいた『義援金』(14,920円)は、後日「平成30年胆振東部地震災害」及び「平成307月豪雨災害」義援金として日赤宛に手続きさせて頂きましたことをご報告致します。ご協力ありがとうございました。

第4回地域包括ケア研究発表会 表彰について

今回は、以下の方々が受賞されました。
おめでとうございます!

【特別賞】
医療法人花仁会 秩父病院 画像技術  近藤和彦 様
演題名「当院のおける大腸CTの現状」

【優秀賞】
介護老人保健施設やまざくら 4階療養棟 松井翔馬 様
演題名「ミラーセラピーによるADL・IADLの向上をめざして」

【最優秀賞】
埼玉よりい病院 リハビリテーション科 大谷芙未 様
演題名「障害者の自動車運転再開支援マニュアル作成報告」

第4回地域包括ケア研究発表会 開催のお礼

第4回地域包括ケア研究発表会は、平成30年10月13日(土)開催されました。
354名ものご参加をいただき、盛大な会となりました。
たくさんの皆さまのご協力をありがとうございました。
コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る
コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る