コンテンツ本文へスキップ
プリローダーイメージ
スマートフォンサイトはこちら

薬剤科

薬の専門家としてチーム医療に参加し、安心安全で適切な医療を支援します

コンテンツタイトル下地

薬剤科

薬剤科

調剤業務(内用薬・外用薬・注射薬)

外来は特殊な製剤の調剤を除いて、@院外処方を原則としています。

入院調剤は、処方箋を受付後、薬歴(全入院患者様の薬剤の使用記録)と照らし合わせて鑑査をし、不都合がある場合は、処方した医師に確認をした上で薬を作ります。

注射薬のうち中心静脈栄養や抗がん剤は、薬剤科で無菌調剤をしてから外来や病棟へ届けます。

製剤業務

消毒薬や市販されていない、患者様に合わせた当院独自の薬剤の調整をしています。

医薬品情報管理

患者様に医薬品を有効かつ安全に使用していただくために、多くの情報を収集し、整理保管するとともに、医師、看護師、他の医療従事者の問い合わせに、的確な情報を提供します。

また医薬品に関する重要な情報を院内に伝達しています。

薬品管理業務

病院で使用する全ての医薬品が適正に使用されるために、購入管理、在庫管理、供給管理、品質管理を行っています。

薬剤管理指導業務

入院患者様が、不安や疑問をなくし、安心して薬を使用できるように持参薬の管理や飲み方、副作用、相互作用、注意事項などについてお話します。

医師、看護師などと連携を取りながら、入院患者様に使用される全ての薬物療法を管理し、薬の安全性を確保したうえで効果を最大限に引き出すことができるように努めています。

健康管理をしていただくために、退院時には、全ての患者様に入院中の薬剤情報を記載した「お薬手帳」をお渡ししています。

コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る
コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る